働くこと

好きなことだけしていたい。

 

そんなことを思うようになったのは今年に入ってから。

人間である以上働かなければ生活ができません。

私は、働いてお金を稼ぐことは自分の自由時間を対価にお金をもらうことだと感じています。(まだアルバイトしかしたことがないので、こう思うのかもしれませんが)

 

大学4年生になり、就職活動も本格的に始まりました。私は就職活動をしているうちにこのようなことを思うようになりました。

「自分の時間を対価にして、そこまで働く価値はあるのか」と。

もちろん、世の中には働くことを生きがいにしている人もいるのでそれは全然いいと思います。

こんなことを書いておいてあれですが、私は働くこと自体は嫌いじゃないです。

私が言いたいのは、「働くことで自分の自由な時間(趣味の時間)がなくなるほど働いて、お金をもらう価値はあるのか」です。

 

うまく言葉にすることができないのですが、私はアルバイトを通してお金をもらっていますが、それは「趣味のために働く」ということになると思います。社会人になって働き始めると「生活のために働く」ということにシフトしてしまうのではないか、と感じてしまいます。

 

生きるうえで働くことは義務であり、働かなければ生活ができないのもわかっていますが、趣味に時間が割けず、生活のためだけに働くというのはなんだか虚しい気がします。

 

ここまで働くことについて書きましたが、結局は自分のエゴなのかもしれません。

私はある程度働いて、趣味に多くの時間をかけて、好きなこと中心な生活ができればいいなと思っています。

 

人生100年時代と言われる現在、今一度、働くことについて考えるのもいいかもしれません。

 

 

(担当:Me__)

前の記事

黒部宇奈月キャニオンルート

次の記事

乗り越えて見えるものNew!!