特別展「宝石」と『STEAM教育』

国立科学博物館で特別展示をしている特別展「宝石」に行ってきました。

 

特別展「宝石」メインビジュアル

 

美術館ではなく、科学博物館だからこその視点がとても面白く

いまジオグリフが取り掛かろうとしている事業のことを考えると

非常に有意義な時間が過ごせました。

 

教育の業界に関わらせていただいていると

『STEAM教育』というものをいろいろと考えてしまいます。

 

『STEAM』という切り口からの学びをどのように見せていくか…。

 

その一例が目の前で展開されていました。

 

「宝石」という分かりやすい目に見えるものを

その生成という自然科学の視点から説明し、

採掘や加工という技術の視点を加えたうえで、

「価値」の歴史的な遷移を表示し、

その魅力の物理的な現象を説明し、

技術の進展とともに芸術的な表現が加味されてデザインされていく工程。

 

そんな特別展「宝石」の企画に引き込まれました。

 

ジオグリフは今年もSENRIプロジェクトを続けてききます。

オンラインサマーキャンプの企画も考え始めました。

 

この展覧会で表現されているような

STEAMの視点を伴った上質なコンテンツを

企画していきたいものです。

  • 展覧会名:特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」
  • 会場:国立科学博物館地球館地下1階 特別展示室
  • 会期:2022年2月19日(土)~6月19日(日) ※日時指定予約制
  • URL:https://hoseki-ten.jp/
  •  

    (担当:TOY_BOX)

    イメージ画像

    次の記事

    エール