家庭菜園と春の夢

家の近くで、家庭菜園用の畑を借りました。

広さは5m×10m……50㎡ほどの広さです。

 

家庭菜園

 

雑草が生い茂る畑は、表面が固く締まり

そのままでは何を植えるにしても大変そうでした。

 

たかだか50㎡ですが、土を起こし、堆肥や苦土石灰をすきこむ作業に

娘と二人がかりで、丸一日かかりました。

 

心地良い…というには、激しすぎる疲労に襲われながら

それでも日の沈むころ、朱に染まる雲の明かりに浮かび上がる

きれいに耕された畑を見ると

やりきった感がこみ上げてきました。

 

 

農業という事業の経営は、非常に難しい経営だと考えます。

 

出来るだけ安全で、かつ安く提供しなければ、人々の命に関わります。

そのうえで、美味しさや 見た目で勝負しながら利益を確保しなければなりません。

 

同時に、机上の計算以外に自然の影響を受けるのです。

 

家庭菜園は経営ではありませんが

娘は、大切に育てた作物が、病気になったり、虫に食べられたり、

大雨や強風で傷つく様を目の当たりにするでしょう。

 

それを娘は、どのように受け止めていくのでしょうか。

 

種を撒いたり、苗を買ったり

これから育てたい作物を調べたりしながら
畑の構想が膨らみます。

 

苺が実り、花があふれる春の畑が見られるのか、今から楽しみです。

(担当:TOY_BOX)

ロゴ

前の記事

「当たり前」の裏にある努力…