コロナ禍における教育分野の変化

ジオグリフはいま、エドテックと呼ばれる分野で活動をしています。
エドテックとはエデュケーション(education)+テクノロジー(technology)を組み合わせた造語で、教育分野におけるITの活用を意味しています。

テクノロジーの活用は多くのメリットがあるため、以前から教育分野における導入が検討されていましたが、なかなか進みませんでした。
しかし、新型コロナウイルスをきっかけとした新しい生活様式、ニューノーマルによって教育分野も大きく動いてきました。
生徒も先生も学校も、みんな新しい授業スタイルに順応しようと大変なことも多いですが、テクノロジーの活用は学びをもっと楽しいものとし、多くの個の才能や可能性を開花させる手助けになります。

ジオグリフも学びに関わる多くの人のお役に立てるよう、これからも頑張っていきたいと思います。

 

担当:松

株式会社ジオグリフ

前の記事

10年後のリスタート
風景写真

次の記事

社名の由来